200種以上のヴィーガン・ピザ!ノイケルンの本場ピッツェリア&スパゲッテリア

sfizy_img01

Sfizy Veg

北イタリアで育ったパウロとウースラが始めたヴィーガン・ピッツェリア&スパゲッテリア。本場のイタリア料理をヴィーガンで出す店がベルリンに見当たらなかったため、二人は2010年にベルリンに移り住み、2011年にレストランをオープンしました。
ピザの種類はなんと200種類あまり!マルゲリータなどのクラシックなものから、フレッシュな野菜の乗ったものやインド風のスパイスを使ったものや魚介類、ソーセージを使ったものまで、とてもバリエーション豊か。といっても、大豆タンパクなどを使った「植物性」の魚介や肉類を使っています。

ドイツは、植物性のチーズやクリーム、ソーセージやハム他、既製品のヴィーガン製品が種類豊富で手に入りやすいことが、ベジタリアン人口がますます増えている一因かもしれません。メーカーしかり、ベジタリアン専門のスーパーマーケットがあったり、特にベルリンではことかきません。小麦はピザの本場ナポリから、そしてトマトやその他の野菜もイタリアのものを使っています。地球のことを考えて、なるべくオーガニックの素材を使っています。パスタとピザはそれぞれ+0.5€、+1.5€で全粒粉のものに変更可能なのもうれしいです。

sfizy_img02

フリーマーケットを中心に、二人で少しづつ集めたというインテリアも素敵で、椅子やテーブルは1点1点が異なるヴィンテージやアンティークのもの。お客さんは、近所に住むトルコ人やドイツ人の家族から、パンクスやツーリストまでさまざまです。気軽に誰とでも行ける店なので、ヴィーガンでも、そうでなくても、ぜひ一度は行ってみて!

 

sfizy_img03

トレ・フォルマッジ・チョリソ(7.5€)
ゴルゴンゾーラとブルーチーズ、それに仕上げに削ってトッピングするパルメザンが乗ったピザ。どれももちろんヴィーガンチーズ。35センチもの大きさのピザは、1枚1枚厨房の窯でオーダーを受けてからパウロが焼き上げる。チーズのコクやリッチさはそのままに、比較的クセがなく、クリーミーで食べやすい。ヴィーガンチーズ初心者にもオススメ。

sfizy_img04

カルボナーラ(7.5€)
卵の代わりに水切りした木綿豆腐のそぼろが入っている。インドのスパイス、ククマで薄い黄色に色づけ。豆乳クリームを少しとパルメザンチーズ、それにヒッコリーでスモークしたヴィーガンベーコンが入っている。卵も牛乳も入っていないのに、リッチな仕上がり。仕上げにたくさんのドライパセリが。

sfizy_img05

フラウ・ビーレン・スムージー(4.5€)
彩りのよいヒンベリーと豆乳のスムージーに刻みチョコとホイップで飾る。ほどよい酸味と控えめな甘さの好バランス。

ウィートグラス ショット
小麦若葉をスロージューサーで絞って出て来た青汁をくいっとショットグラスで飲み干す。青臭い匂いはあるが、身体にとてもいいし、ほのかな甘みもあります。

Author: Kumi Nagano
Photographer: Asami Uchida


Sfizy Veg

http://sfizyveg.de/
Treptowerstrasse 95 Berlin, Germany
+49 162 3748936