作り手の顔の見えるPure Markt

IMG_2034

オランダを中心としたさまざまな食が集まるPure Markt。
www.puremarkt.nl
週ごとに、アムステルダムやその近隣の公園へと場所を転々と移動しますが、シーズン中はほぼ毎週のペースでの開催、冬は回数が減って真冬はお休みします。ちょうど夏時間から冬時間に切り替わった次の日曜、10月28日にPark Frankendaelで行われたマーケットへ行ってきました。

IMG_2036

17世紀から続く田舎の大きな屋敷や中庭が残る公園、Park Frankendael。

IMG_2124

この日は90ほどの出店者。台風みたいに風が強い日で、突然のにわか雨にも何度か見舞われましたが、そんな中でも、いつも通りにマーケットは行われていました。

IMG_2139

その場で薪を割って、このドラム缶で燻製にしていました。鯖、鮭、ウナギなど。オランダ式だとパンにはさんで食べますが、日本人的にはご飯がほしいところ。

IMG_2137

オランダのホットサンド、トースティ屋さんも出ていました。オランダでのカフェでは大概どこでも置いてあるポピュラーなものなので、わざわざ買う人いるのかな?と思って見てみましたが、こんな手作りの焼き機で直火で焼いてくれたら、とってもおいしそうですね。

IMG_2043

IMG_2143
ソーラーパワーで動いているこども用回転ブランコ。1〜8歳までの子供が一度に6人乗れるよう、椅子のサイズもさまざま。オランダの機関によって発行された品質マーク/証明書も持っています。メノさんとその仲間で、住みかの小屋と回転ブランコをトラクターでゆっくり牽引しながら各地を旅して回っています。「小さな子どもがははじめて回転ブランコへ乗る経験をする場に立ち会えるのが幸せ」だそう。

IMG_2060IMG_2059

オランダのゴーダチーズを使ったチーズフォンデュ。おいしいフォンデュを作るのは意外と難しいのですが、これは鍋で温めればいいだけなのでかなりお手軽。かなり濃厚ですが、スイスで連れて行ってもらった名店の味にひけをとらないおいしさ。オーガニックで7euro /1瓶。

IMG_2075

ジャムから各種スイーツ、ビネガーからマスタードまで、なんでもラズベリーのものを売っていたお店「Rasberry Maxx」。

IMG_2076

2004年にカルロさんとヘニーさんとでラズベリー畑を受け継ぎましたが、まずはオーガニック農法に変えることからスタートしました。「ラズベリーをきっかけに、自然のことを考えてほしい」と次々にラズベリー製品を開発していきました。今では、各種マーケットやいくつかのお店にも卸すようになりました。製品も美味しかったですが、店頭にあった生のラズベリーが一番おいしかったです。とにかくラズベリーへの愛の感じられるお店でした。

IMG_2078

「うちで採れたオーガニックラズベリーで自分たちでつくっているのよ」と通称ラズベリーおばさんのヘニーさん。

IMG_2079

チーズケーキの完成度も高く、添えられたソースもラズベリーのおいしさがぎっしりで絶品でした。
http://www.raspberry-maxx.nl

 

IMG_2084

スパークリングワインのお店。昼間からマーケットのものをつまみつつ飲むのも楽しいものです。

IMG_2085

その隣には、北海で採れた生牡蠣の店。店の配置のコンビネーションもバッチリです。ワインを楽しむのにその背景や理論を学ぶように、「オイスター道」というのが存在するようです。殻を上手に開ける方法から、利き酒ならぬ「利きオイスター」、ドリンクとのハーモニー、ゲストへのサーブ方法まで学べるワークショップも開催しています。
http://www.ziltenzalig.nl/

IMG_2064

地中海沿岸やヨーロッパ、アメリカやなどで広く食されているルピナス豆(和名ハウチワマメ)を売っている方がいました。「豆の中でもタンパク質と繊維質がとても豊富で、脂肪分が少なくヘルシー」と特にベジタリアンに人気があります。ドイツでは、この豆から抽出されたタンパク質の成分が、肉もどきのビーガン商品にも使われているそう。天然の毒性を含む種もありますが、市場に出まわっているものは処理がなされているので心配ありません。ペストリーやバーガーも売っていました。
オランダでオーガニックで育て始めて3年だそう。
POWERPEUL
http://powerpeul.nl/

IMG_2055

スープやさん。ポット型の店舗がとても目を引いていました。スープで出店以外にも、季節の食材、なるべくオーガニックな食材を使ってケータリングもやっているそうです。
Uit de pan
http://www.uitdepan.nl/

IMG_2120

雨宿りした先では、ナッツやドライフルーツを使ったエナジーバーを売っていました。試食をもらってちょっと得した気分。

IMG_2130

冷蔵庫の常備品、オリーブ。樽にさまざまな種類が並んでいて、買い物ごころをくすぐります。
IMG_2104

食べ物以外にも、手作りクラフト品も販売していました。フェルトなどを使ったポーチなど

IMG_2035

公園内にレストランもあります。その名もオランダ語で温室(De Kas)という名前のレストラン。以前取材させてもらいましたが、フレッシュな野菜料理が得意なレストランです。
http://vegefrom.com/cafe_restaurant/69

 

De Pure Markt
http://www.puremarkt.nl/